ペットが亡くなってしまった時の為にお伝えしたい大切な事

大切な家族の一員であるペットですが、その寿命は人間より短くいつかはお別れの日がやってきます。
ペットを亡くすことは辛いですが、大切な存在だからこそきちんと見送る必要があるでしょう。
そこで知っておきたいペットが亡くなったあとにすべきこと、そして信頼できる葬儀会社の選び方まで詳しくご紹介します。

ペットが亡くなった際に最初にするべきこと

ペットが亡くなった際、まずしなければならないのが遺体の安置です。
遺体を棺や段ボールに納めるられるようにいつもペットが寝ていた時と同じ体勢にしてあげましょう。
一般的に死後2時間ぐらいで死後硬直が始まり、1日すぎると解けるとされています。
ただ、ペットの年齢や死因によっては思った以上に早く死後硬直が始まることもあるため、なるべく早く頭や前・後ろ脚を胸の方に折り曲げます。

遺体を保持する方法

生命活動を停止すると、体の内部から腐敗が始まるため、葬儀会社に依頼して火葬をする必要があります。
葬儀会社に連絡をしたとしてもすぐに火葬ができるわけではないので、それまで遺体は自宅で安置しなければなりません。
そこで葬儀会社に依頼する前までにしておくべきことを詳しくご紹介します。

体をきれいにしてあげましょう

亡くなったペットの体勢を整えてあげたあと、体をきれいにしてあげましょう。
布やガーゼをぬるま湯で濡らし、全身を拭きます。
さらに死後は口や鼻、肛門から体液や汚物が漏れ出すことがあるため、きれいに拭いてから脱脂綿を添えてあげましょう。
人間にも起こる自然現象なので心配はいりません。

遺体安置の方法について

遺体安置をする場合、遺体を冷やすことも大切です。
生命活動が停止するため、見た目には分からなくても、内臓から腐敗が始まるためです。
頭とお腹の辺りを重点的に、タオルで巻いたドライアイスや保冷剤で体を冷やしてあげましょう。
また、濡れないように遺体の下に新聞紙とタオルを重ねることも必要です。
遺体を安置する部屋は、エアコンを使い温度調節することをおすすめします。
さらに外気が触れると腐敗が進行してしまうため、遺体にはタオルをかけ、エアコンや扇風機の風が当たらない場所に安置するようにします。

火葬が行われるまでの過ごし方

葬儀会社に連絡し、火葬が行われるまでの間は大切なペットと過ごしましょう。
人間の場合もですが亡くなってから一晩は蘇生する可能性があるため火葬はしません。
人間と同じような通夜の形式はありませんが、遺体の側に生前使っていた器にフードや水を入れ、好きだったおもちゃと一緒にお供えをしてあげるといいでしょう。
感謝の気持ちを込め、体を撫でてあげたり、ブラッシングしてあげたりしましょう。
火葬してしまうともう二度と生きていた姿には会えなくなりますが、この世での役目を終えたことをねぎらってあげることが大切です。

葬儀社の選び方

ペットとの別れはそう何回もあるものではありませんが、せっかくお願いした葬儀会社の対応が悪く、次は別の業者を選ぶという方も少なくありません。
深い悲しみの中でも、きちんと大切なペットの見送りを手伝ってくれる業者選びが大切になってきます。
そこで選択することが多い2つの火葬方法について、どんな違いがあるのか詳しく見ていきましょう。

移動火葬車の特徴

近年住宅事情などから移動火葬車を利用する方が増えています。
移動火葬車とは、トラックやバンに火葬用の炉を搭載し、自宅や自宅近辺の空き地や駐車場で火葬をする自動車のことです。
火葬炉と火葬時に発生する煙を排煙する機械、そして発電機を搭載しています。
業者によっては大型のペットに対応可能な大型車両を用意しているところもありますが、一般的には小型や中型のペットに対応しています。

メリット

移動火葬車を利用するメリットは、費用の安さが挙げられます。
火葬場を併設している葬儀場で火葬をお願いする場合、その火葬場までペットを連れて行く必要があり、トータルの費用も高めです。
移動火葬車にお願いすれば、家の近くまで来てくれるのでなるべく最後までペットと一緒にいたいという願いも叶います。

デメリット

移動火葬車のデメリットとしては、火葬時には多少なり煙が発生するため近隣トラブルに発生する可能性があることが挙げられます。
火葬時の音も問題になりますが、車両が高温になるため火傷といった事故も起こる可能性があるからです。
また近隣に配慮することを優先するため、どうしても葬儀自体が簡素に済まされがちになり、満足のいく見送りができないこともデメリットといえます。

固定式火葬場の特徴

固定炉とは、施設に設置されている火葬炉のことです。
移動式と違い、施設までペットの遺体を持ち込む必要があります。
ただし移動火葬車の火葬炉より火力が強く、棺に納めたものが燃え残ったりせず、大型のペットにも対応可能なのが特徴です。
また合同火葬にも対応していることがほとんどです。

メリット

固定炉での火葬のメリットは、人間と同じように丁寧な葬儀が行えることです。
多くの場合、火葬場と共に葬儀場があり、火葬の前に葬儀をしてきちんとお別れをして見送ることができるようになっています。
また霊園が併設されている葬儀場も多く、火葬してそのまま納骨をすることも可能です。
時間を気にせずに自分の納得する形を実現可能な点もメリットといえます。

デメリット

コストカットで低価格を実現している移動火葬車に比べると、固定炉での火葬は費用が高めになっています。
ただ、なるべく火葬にお金をかけたくない方はともかく、ペットの死を受け入れる儀式として葬儀や火葬であれば適正価格とも言えるでしょう。
近年は火葬場までペットの持ち込みができない方のために、送迎サービスを取り入れている葬儀会社も増えています。

お困りの際はたんぽぽ墓苑にご相談を

「大切なペットをきちんと見送りしてあげたいけれど、家で遺体を安置できない」「葬儀をしてペットのことを知っている友人や知人にも見送りをしてもらいたい」そんなお悩みをお持ちなら、ぜひたんぽぽ墓苑にご相談ください。
火葬から葬儀、納骨からご供養まで心を込めてさせていただいております。
お電話は24時間対応、無料送迎も行っています。
霊安室もありますので、ご遺体の安置も可能です。
多くの高評価口コミをいただいているたんぽぽ墓苑で、ぜひ大切なペットのお見送りとご供養をお任せください。

  |  

過去の記事