ペット葬儀の費用はどれくらい?気になる相場感をお伝えします

大切なペットとお別れするためにも検討したいペット葬儀ですが、どれぐらいの費用がかかるか心配ですよね。
ペット葬儀は内容によって大きく費用が変わります。
そこでぜひ参考にしたい葬儀の種類や費用の違いについて詳しくご紹介します。

一般的な葬儀の種類

ペットを家族の一員として考える家庭が増えたこともあり、ペット葬儀の需要は増えています。
さらにペット葬儀も人間と同じように行われるようになってきています。
まずは一般的なペット葬儀の種類について詳しくご紹介します。

立会個別火葬

ご家族で立ち会う立会個別火葬は、お別れ(葬儀)から火葬、遺骨を骨壺に納めるまで全てに参列が可能な葬儀です。
人間の葬儀とほぼ同じなので、きちんとペットとお別れしたいと考えている方におすすめです。

一任個別火葬

遺体の引き取りから返骨、もしくは納骨まで全て業者に一任する火葬です。
個別に火葬してもらえるため、他のペットの遺骨と分からなくなるということがありません。
ペットの死が辛く対処できない、また近くにペット葬儀に対応している火葬場がない方におすすめです。

合同火葬

合同火葬を希望されている家族のペットと一緒に合同で火葬を行う方法です。
一緒に火葬した後、遺骨はそのまま合同納骨所に納骨、もしくは合同墓地に埋葬されます。

訪問火葬

火葬場までペットを連れて行くことができない、また近くに火葬場がないといった方のために、訪問で火葬を行う方法です。
火葬の設備を備えた特殊車両が自宅、もしくは近くまで訪問してくれるので、家族で立ち会うことが可能です。

体重によっても費用は変わります

ペット葬儀の費用は、ペットの体重や大きさによって変動します。
業者によって対応できる大きさには違いがありますので、事前に確認が必要です。
特に持ち込みではなく、引き取りや訪問で火葬をする業者の場合、大型犬や超大型犬は断られることがありますので注意しましょう。
体重別で細かく価格設定をしている業者や、ペットの種類で大まかに価格設定をしている業者もあります。

移動火葬の方が安く済む?

マンション住まいなど住宅事情や、ペット火葬に対応している火葬場が近くにないといった事情から、移動火葬を選択する方が増えています。
移動火葬とは、トラックやバンに火葬炉を設置し、個別に訪問してペットの火葬を行う方法です。
最近では、大型のペットにも対応できる大型の車両を導入し、あらゆるペットの火葬を引き受ける業者も増えてきています。

費用としては移動火葬の方が安い

移動火葬は、火葬設備があるペット葬儀会社に依頼するよりも費用がかからないことが一番のメリットです。
その理由としては、固定の設備よりもメンテナンスや管理の費用がかからないことが挙げられます。
また火葬して骨壺に遺骨を納めるというシンプルな内容であることも低価格につながっています。
費用面だけで考えれば、移動火葬が安く済みます。

その他の注意点

費用の安さがメリットである移動火葬ですが、ペットの大きさによっては火葬に時間がかかるため、近所への配慮も必要です。
また移動火葬は比較的新しい火葬方法であるため、実際に火葬設備が不十分で臭いが発生するといったトラブルも発生しています。
また高温(800~1000度)の熱が生じる為万が一の怪我にも気を付ける必要があります。
信頼できる業者を選ぶことはもちろん、費用以外にも近隣への事前の説明などで必要となるコストがあることを考慮した上で選ぶことが必要といえます。

丁寧なお弔いをご希望の方はたんぽぽ墓苑へ

大切なペットを弔うためには、火葬はもちろんその後の遺骨の管理や供養のことも考えておく必要があります。
移動火葬は費用がかからずすぐに火葬ができると考えてしまうかもしれませんが、たんぽぽ墓苑では安全性が高く、しっかりとした火葬を行える固定火葬での葬儀を執り行っております。
大切なお弔いの儀式として納骨や供養まで飼い主の皆様の心に添ったサービスを提供させていただいています。
ぜひお気軽にご相談ください。

  |  

過去の記事