【ペットのお墓の基礎知識】ペットの供養方法とよくある疑問を解説


ペットの供養・お墓のよくある疑問

「ペットが亡くなってしまったらどうしたらいい?」「供養してあげたいけど方法がわからない」という方のために、ペットの供養やお墓に関する基礎的な疑問にお答えします。大切なペットが亡くなられた方は、まずこちらの回答をご覧いただいて参考にしてみてください。

どのように供養したらよい?人間と違うのか?

ペットだって家族の一員。人間と同じようにお葬式を執り行って火葬し、お墓に納める・納骨堂に納めるという方が増えてきました。後述しますが、自宅で供養する方以外は火葬する必要があります。

ペットが亡くなって供養したいという方は、ペット専用の火葬場や納骨堂に相談しましょう。

人間と同じ墓・仏壇に入れる?

法律的には人間とペットがいっしょのお墓に入るのは問題ありません。実際に近年では人とペットといっしょに入れる霊園も増えてきました。

しかし、仏教では人間以外の動物は「畜生」という人よりも下位の扱いになるため、人間とペットが同じ墓に入るのは良くないとされています。そもそも、ペットといっしょに入れるお墓はまだまだ少数で、合葬を禁止している墓地や霊園、寺院のほうが大多数です。そのため、人とペットが同じお墓に入るのはハードルが高いと言えます。

自宅で供養できる?

ペットの遺体は法律上では一般廃棄物に分類されるため、公園や山などに穴を掘って土葬すると不法投棄という犯罪行為にあたります。ご自宅の庭であればペットを土葬してあげることも不可能ではありません。

ただし、遺体が腐敗して臭いが出たり衛生環境が悪化したりする可能性もあります。また、自宅であっても条例でペットの土葬が禁止されているケースもあります。思わぬトラブルに巻き込まれないためにも火葬場で火葬してあげたほうがベターです。

墓石にはどのような種類がある?

ペットの墓石にはさまざまな種類のものがあります。人のお墓に近いものもあれば、シルエットを象ったもの、足跡の形をしているもの、ハート型の可愛いものまで、デザイン性に富んでいます。また、「今までありがとう」というメッセージを彫刻することも可能です。

さらには埋葬したところに樹木を植える「樹木葬」や、お花畑を作る「お花畑葬」といった方法もあります。

ペットの供養の方法・お墓の種類一覧

ペットの墓石にはさまざまな種類がありますが、供養の方法についてもいろんな形があります。代表的なものをご紹介しますので、ご自身に合った方法で、心を込めて大切なペットを送り出してあげましょう。それぞれのメリットや注意点についても解説します。

1.散骨する

ペットを火葬した後に遺骨をお墓や納骨堂に納めるのではなく、任意の場所に撒いて供養する方法です。ご自宅の庭やお気に入りの場所、散歩ルート、海や山などの自然に還すなど、いろんな場所が考えられます。ただし、公園などでは散骨することがルールや条例で禁止されている場合もあります。他人の土地などで散骨して思わぬトラブルになることも考えられますので、慎重に検討しましょう。

また、散骨する場合はお骨を細かい粒状にしなければいけないため、専門の業者に依頼する必要があります。

2.自宅に墓石を設置する

ご自宅の庭に墓石を設置して供養します。前述のとおり、さまざまなデザインの墓石があるので、お庭の雰囲気を壊すことなく供養することも可能です。ただし、前述のとおり衛生上の問題が発生するリスクがあるので遺体をそのまま土葬するのではなく火葬されることをおすすめします。特に犬や猫などの大型の動物は問題が発生するリスクが高いので、必ず火葬してから埋葬してください。

また、そもそもマンションやアパートなどに住まわれている方はご自宅にお墓を作ることができないので、ペット専用の霊園や納骨堂に相談する必要があります。

3.仏壇で供養する

ご自宅に仏壇を設けて供養することもできます。毎日お参りをして、家族の一員だったペットを亡くなった後もお家の中で、身近に感じることができます。近年ではペット用の仏壇もいろんな種類のものが販売されていて、可愛らしいものやおしゃれなものなどバリエーションも豊富です。

ただし、仏壇を設けるにはスペースが必要です。マンションやアパートだと手狭になってしまうでしょう。とりわけ犬などの大型の動物は遺骨も大きくなるため、ある程度場所を取ります。

4.自分と同じお墓に入れる

前述のとおり、自分と同じお墓に入れることも可能です。大切にしてきたペットとずっといっしょにいられます。

ただし、対応している墓地や霊園が少ないこと、人間と動物がいっしょのお墓に入ることが良しとされていないなど、さまざまなハードルがあります。ご自身が良くてもご家族や親族が「ペットといっしょに入りたくない」と反対されるケースも少なくありません。まずはご自身が入る予定のお墓を管理している霊園や寺院などに問い合わせてみましょう。ご家族や親族の意見も確認してみてください。

5.ペット霊園で供養する

ペット専用の霊園で供養してもらうという方も多くいらっしゃいます。また、人とは別にペット用の霊園を設けている寺院や墓地もあります。

個別のお墓を用意して供養するケースと、他のご家庭のペットといっしょに供養するケースがあり、一般的には合同で供養するケースが多いです。火葬した後は霊園が遺骨を引き取り、他のご家庭のペットの遺骨といっしょに埋葬されます。

手間や費用はかかりませんが、自分のペットの遺骨だけを後から取り出すということはできません。

6.納骨堂で供養する

お墓を作るのではなく、「納骨堂」というお堂の中に遺骨を納めます。いわば室内にあるお墓です。遺族は納骨堂の真ん中に設置された慰霊碑にお参りします。最近、お墓の管理が大変だということで納骨堂という供養の方法が注目されていて、人用だけでなくペット専用の納骨堂も増えてきました。

火葬後にお骨を骨壷に入れて納骨堂に納めます。納骨堂であればお墓と違って手入れをする必要はありません。骨壷も個別に納めるので後から取り出すことができます。

通いやすく場所を取らない納骨堂もございます

大切な家族の一員であるペット。人間同様お墓や仏壇を設けてしっかりと供養し、定期的にお参りをしてあげるのがおすすめです。しかし、霊園は比較的不便な場所にあることが多く、お墓を管理していくのもなかなか大変です。また、ご自宅で仏壇を設けるとスペースを取ってしまい、特にマンションやアパートでは手狭になってしまいます。

納骨堂であれば交通の便が良い場所にあるので、お参りに通いやすくなります。お墓のようにお手入れをする必要がなく、ご自宅が狭くなることもありません。さらに雨の日でもお参りをすることができます。

遺族の負担が少なく、それでいて心を込めて供養できる。大切なペットが亡くなったら、納骨堂という選択肢も考えてみてください。

  |  

過去の記事