ペットを亡くしてしまった時の為の本当の弔い方とは

突然訪れるペットとの別れ

家族同様に一緒に過ごすことが当たり前になりつつあるペットですが、人間より早く寿命を迎えます。ただ、突然訪れる別れに対しどう対処していいのか分からないという方のほうが多いのではないでしょうか。

大切なペットときちんとお別れをするためにも、知っておきたいペットの葬儀や火葬について詳しくご紹介します。

個別火葬と合同火葬の違い

ペットも人間と同じように火葬することができます。自宅の庭に埋める方法もありますが、将来その土地が別の人に渡る可能性もありますし、他の動物に掘り返される可能性もあります。そういったことから、近年はペット専用の火葬場を利用する人が増えています。ただ、ペットの火葬を依頼する際、個別火葬にするか合同火葬にするかを決めなければなりません。
合同火葬は、他の家のペットと合同で火葬され埋葬されるため返骨されません。
個別火葬の場合は一匹だけですので返骨してもらえます。個別火葬を選んだ場合、スタッフに火葬から骨を拾ってもらい返骨まで一任する「一任個別火葬」と、家族が立ち会って火葬から骨を骨壺に納めるまでする「立会い個別火葬」のどちらかを選択することになります。

ペット葬儀の詳しい手順

大切な家族であるペットときちんとお別れをしてあげたい、そういった飼い主の方の要望に応えるペット葬儀があります。人間と同じようにお葬式をすることができるペット葬儀はどういった流れで行えばいいのかその流れと手順をご紹介します。

1.ペット葬儀社に依頼する

ペットの死を看取ったら、まずはペット葬儀に対応している葬儀社を探して依頼をします。家族で葬儀をする、また葬儀社に一任する、どちらの場合であってもなるべく住んでいる地域にあるペット葬儀社に依頼するのがおすすめです。火葬までの時間を打ち合わせると共に、ペット用ベッドなどに安置します。死後硬直や腐敗が進行してしまうため、できれば早めに火葬するのがおすすめですが、すぐにお別れができないといったこともありますのでスタッフとよく相談するといいでしょう。

2.葬儀(火葬)を行う

基本的には、飼い主が葬儀場までペットを入れたベッドや箱を持ち込みます。葬儀をする場合はペットを安置して住職に読経してもらい焼香を行います。基本的には葬儀社の紹介で派遣された住職が読経を行いますが、希望すれば希望する宗派に変更してもらえる場合もあります。葬儀を行わず、そのまま火葬をしてもらうことも可能です。

3.ペットのお骨を骨壺へ収骨する

葬儀をした後、火葬してもらいます。ペットの大きさなどによっても火葬にかかる時間には違いがあります。そのため、火葬中付き添う家族は別室で待機し火葬が終わり次第、骨壺にペットの骨を納めます。

4.埋葬、自宅へ遺骨を持ち帰る、もしくは散骨する

骨壺に納めたペットの骨を、その後どうするかは家族にゆだねられます。自宅に持ち帰り仏壇などに安置してもいいですし、自宅の庭に埋める、また海など自然の場所へ散骨するという方法もあります。人間と同じようにペットの散骨は可能ですが、人間と一緒に散骨することを許可していない場所などもありますので、専門の散骨業者に依頼をするといいでしょう。

移動式火葬車に頼む際の注意点

大切なペットをきちんと供養してあげたいけれど、近くにペット葬儀に対応している火葬場がない、車がなくて連れて行けないという悩みを持つ人もいます。そういったニーズに応えてくれる移動式火葬車が今注目を集めています。ここでは、移動式火葬車をお願いする際に注意したいことをご紹介します。

ペットのサイズが大きいと火葬できないことがある

移動式火葬車は、自宅の庭や近所の公園などに車を留めて、専門の焼却炉で火葬ができるようになっています。ただ、大型犬などペットのサイズによっては焼却炉に収めることができず火葬ができないこともあります。あらかじめペットのサイズを測っておき、対応可能かどうかを確認するようにしましょう。

天候が悪いと火葬自体ができない

移動式火葬車は屋外のみに対応しており、屋根の下での利用はできません。そのため天候次第では火葬自体ができないこともあります。多少の雨風であればいいのですが、台風などの暴風や豪雨、雪が降っている場合はできません。また天候次第では火葬はできても収骨が難しいこともあります。

後悔しないペット葬儀

突然やってくるペットとの別れに対し、どう供養をするか考えておかないと「ああしてあげればよかった」と後悔することにもなりかねません。心の整理をつけ、きちんとお別れをするためにも、ペットが死んだ後のことも考えておく必要があります。

ペット専用の火葬場や対応をしてくれる葬儀社も増えていますが、高額な請求をする悪徳業者も存在します。葬儀や火葬の流れを把握し、きちんと対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。

  |  

過去の記事